高額景品を選ぶ

標準

高額景品を1点~数点入れる場合はどのような景品があるのでしょう。二次会でそんな高額景品が当たったら、盛り上がりもすごいはず。とはいってもあまり高額なものは逆にやっかみの元にも。二次会のタイプや集まる人たちによっても、選ぶものは違ってくるでしょう。一般的なものとしては1万円~3万円程度。しかしもう少しゴージャスにという場合は5~10万が多くなるのではないでしょうか。そんな商品を少しご紹介しましょう。

では1~3万円程度の高額景品となると、どのようなものがあるのでしょう。
温泉例えば宿泊系であれば近場の温泉旅館1泊ペア券で約3万円程度。
大型リゾート宿泊ペア券で約10万円程度。
地方の場合東京の高級ホテル宿泊ペア券約5~10万円などもおすすめです。
またレジャー、食事系なら、他にも有名焼き肉店ペアディナー券約2万円。有名遊園地1日周遊ペア券約2~3万円。有名ホテルディナーペア券約2~3万円。人気レストランランチペア券約1万円などもおすすめです。

他にも家電などの人気商品ももらって嬉しいものではないでしょうか。例えば炭酸水製造ポットやお風呂用炭酸水器機約5~10万円。レーザー脱毛機器約8万円。自動掃除機約7万~10万。電動歯ブラシセット約1~3万円。ノンフライヤー約1万5000~2万円なども人気です。是非参考にしてみてください。


参照ページ〈二次会景品ショップ – MY ROOM

景品価格について

標準

二次会景品については幹事泣かせとも言えますが、最近は高額景品を1つ出すという傾向が見られます
遊園地例えば2位以下は1000円にも満たないものであっても、1位だけは旅行クーポン券や有名遊園地ペア券、有名ホテルディナーペア券などです。
確かにこの方法は盛り上がりも大きく二次会にはおすすめかもしれません。
しかし、実はその盛り上がりの陰で、「1人だけ良いものが当たったってね~」というふうに思っている人も結構いるのも現実なのです。最近の流行りとして大きな景品を少数人数に出すことが多くなった今、みんなが平等に嬉しいものをもらえる二次会というものも是非考えてみてはいかがでしょう。

とはいっても平均的に景品を出す場合、人数がはっきりしていないと、なかなか難しいということもあります。一次会ならともかく、二次会というとそのときの気分で参加する人もいます。そうなるとみんなに平等に景品がわたるようにするのは至難の業ということにも。そこで二次会の場合はもともと人数が分からないということもあり、半分程度の人数の人に景品を出すというのも。2人に1人が当たりということであれば、当たらなかった人も納得ではないでしょうか。

このように少数高額景品タイプと、多数少額景品タイプとどちらも一長一短というところがあるわけです。あとは二次会に集まる人たちの層も考えて、どちらが喜ばれるかということを予想して決めるといいのではないでしょうか。二次会の質や集まる人たちの年齢なども大きく関係してくるかも知れません。

二次会景品について

標準

二次会の幹事二次会景品で頭を抱えている幹事さんもいるのではないでしょうか。
結婚式、新年会、忘年会などいろいろな場面で二次会景品が必要とさます。
特に二次に景品を出すことには、その場を盛り上げる意味と、多くの人に参加してもらうためという意味合いがあるのではないでしょうか。

例えば一次会で帰ってしまう人もいるため、それを二次会まで引っ張ってその日の会を盛り上げるためにも二次会景品は利用されます。二次会景品もその利用法はいろいろです。例えば全員に同じようなものを配るという趣旨の景品。ある意味参加の記念やお礼的なお印です。そしてもう一つはビンゴゲームなどのゲームやくじ引きでの景品として使うものがあります。

全員に配る場合はどうしても予算上どうしても低価格のものになりますが、そんなときにはキーホルダー1つでも、面白いタイプのものがいいのではないでしょうか。もらう方も高いものをもらいたいと思ってはいません。もちろんそんな予算もないわけですから、ここは100円でも200円でも楽しいもの、笑っちゃうものなど、もらった瞬間その場が和むものでもいいわけです。無理に少しでもいいものを選んでも空振りに。

次にビンゴゲームのようなゲームの景品としての場合もあります。最近はビンゴゲームの景品などに大きなものを揃えるというのが人気です。例えば1位のみ1泊温泉宿宿泊券や有名遊園地ペア券なども人気です。もちろん予算上2位以下はたいしたものでなくても、1点豪華にするということが今の流れです。参加者を呼ぶという意味ではとても効果的。また大きく盛り上がるということも期待できそうです。