二次会景品について

標準

二次会景品で頭を抱えている幹事さんもいるのではないでしょうか。結婚式、新年会、忘年会などいろいろな場面で二次会景品が必要とさます。特に二次に景品を出すことには、その場を盛り上げる意味と、多くの人に参加してもらうためという意味合いがあるのではないでしょうか。

例えば一次会で帰ってしまう人もいるため、それを二次会まで引っ張ってその日の会を盛り上げるためにも二次会景品は利用されます。二次会景品もその利用法はいろいろです。例えば全員に同じようなものを配るという趣旨の景品。ある意味参加の記念やお礼的なお印です。そしてもう一つはビンゴゲームなどのゲームやくじ引きでの景品として使うものがあります。

全員に配る場合はどうしても予算上どうしても低価格のものになりますが、そんなときにはキーホルダー1つでも、面白いタイプのものがいいのではないでしょうか。もらう方も高いものをもらいたいと思ってはいません。もちろんそんな予算もないわけですから、ここは100円でも200円でも楽しいもの、笑っちゃうものなど、もらった瞬間その場が和むものでもいいわけです。無理に少しでもいいものを選んでも空振りに。

次にビンゴゲームのようなゲームの景品としての場合もあります。最近はビンゴゲームの景品などに大きなものを揃えるというのが人気です。例えば1位のみ1泊温泉宿宿泊券や有名遊園地ペア券なども人気です。もちろん予算上2位以下はたいしたものでなくても、1点豪華にするということが今の流れです。参加者を呼ぶという意味ではとても効果的。また大きく盛り上がるということも期待できそうです。